いろんなものごとの曖昧さや不確かさに、ときどき耐えられなくなる。もっとはっきりと生きられたら、どんなにいいだろうと思う。