初めてのクラウドファンディング

 Instagramで知り、フォローするようになったJesse Kojimaさんというフォトグラファーがいる。CrossfaithやHer Name In Bloodなど、僕が好きなメタルバンドのライヴ写真や映像を撮られていたことがきっかけで好きになった。
 
 彼が先日、LAでの海外撮影と個展開催のための資金をクラウドファンディングで募られているのを、同じくInstagramの投稿で知った。その撮影というのはバンドではなく、「飾らず、媚びないカッコよくセクシーな女の子」を撮るためのものだという。僕はプロジェクトのページに掲載されていた彼の作品を見て、ひと目で気に入ってしまい、すぐに支援を決めた。僕にとって、初めてのクラウドファンディングでの「支援」だった。

 クラウドファンディングというのは、活動資金を必要としている個人や組織(その多くはクリエイターと呼ばれる人たちだ)に対して、その活動理念や内容に共感した人たちがお金を出し合い、活動を支援する仕組みだ。でも、ただお金を出すだけではなく、出資者はその金額に応じて様々なリターンを得ることができる。
 僕が支援した金額だと、その撮影によって製作される写真集(非売品)と、個展への招待がリターンだった。それらが目的でお金を出したわけではないし、こういう言い方は不適切だとも思うけれど、出した金額以上の見返りだと思う(個展は最初、東京限定だったので諦めていたが、大阪でも開催されることになったので行けるようになった)。

 クラウドファンディングの良いところって、お金を出して何かを買うといった「等価交換」ではなく、自分も彼ら彼女らの活動に僅かながら参加している(役に立っている)という実感を持てるところだと思う。お金持ちが売れない芸術家のパトロンになる気持ちが、少し分かるような気がした。

 僕は彼の作品ももちろん好きだけど、TATTOOだらけのその風貌を始め、音楽的な要素を多分に含んでいるところにも非常に魅力を感じている。

 プロジェクトの資金は無事集まり、これから渡米の具体的なスケジュールを決めていくそうだ。どんな作品ができ上がるのか、今からとても楽しみだ。

Jesse Kojima on Instagram : https://www.instagram.com/jessekojima/